マイクロソフトはついに Windows 11 用の予想されるタブ付きファイル エクスプローラーを思いつきました

新しいプレビュー スウェリング アップデートでは、高く評価されている Windows 11 のタブ付きファイル エクスプローラー、タスクバー オーバーフロー機能、推奨アクション、およびタスク マネージャーのクイック アクセス機能が Microsoft によって開始されました。

先月、巨大なテクノロジー企業は、多くの新機能を含む Windows 11 22H2 を発表しました。しかし、その時点では、熱心に計画されていた Tabbed File Explorer はリリースされておらず、同社は 10 月にこの機能を提供すると述べていました。

本日、Windows 11 KB5019509 プレビュー累積更新プログラムが Microsoft によってリリースされました。これには、22H2 が登場した時点で不足していた新機能が含まれています。

同社によると、本日のプレビュー アップデートをインストールした人にはまもなく新機能が提供されますが、一部の Windows デバイスは入手できるようになるまで待つ必要があります。

「これらの新しい機能とエクスペリエンスは、オプションの非セキュリティ プレビュー リリースと、マイクロソフト ストアの更新によるサービス テクノロジと新しいアプリによる段階的なロールアウトで本日から利用できるようになり、これらの新機能として最新の Windows エクスペリエンスを利用できるようになります。準備ができています」と、新機能に関する Microsoft の発表で説明しています。

累積的な更新プログラムがインストールされるとすぐに、Windows 11 ユーザーは新しい機能を徐々に有効にします。

最も注目されている機能は、ユーザーが単一のインターフェイス内で複数のフォルダー タブを開くことができる、新しいタブ付きのファイル エクスプローラー インターフェイスです。

ただし、悪いニュースは、これらの機能がゆっくりと提供されることであり、すべての Windows ユーザーがすべての機能を有効にするにはしばらく待つ必要があります。

したがって、これらの機能が不足している場合は、今日のオプションの更新プログラムをインストールした後でも、数日中にそれらを入手できる可能性があるため、辛抱強く待つ必要があります.

本日のオプションの更新プログラムをインストールしなかった Windows 11 ユーザーの場合、これらの機能は、必須の 11 月の月例パッチの累積更新プログラムの一部として含まれます。