マイクロソフトは、ブロックされた Windows ログインの緊急修正を開始します

Microsoft によると、8 月下旬にリリースされた Windows 11 の更新プログラムにより、Windows 11 バージョン 21H2 を実行しているシステムを再起動またはログオフした後、最近追加された Microsoft アカウント ユーザーでサインインすることがブロックされています。

同社は、「KB5016691 をインストールし、Windows に新しい Microsoft アカウント ユーザーを追加した後、最初の再起動またはサインアウト後に短時間サインインできない場合があります。この問題は、新しく追加された Microsoft アカウント ユーザーにのみ影響し、最初のサインイン」。

「この問題は、Microsoft アカウントを追加した後のデバイスにのみ影響します。Active Directory ドメイン ユーザー アカウントまたは Azure Active Directory アカウントには影響しません。」

Microsoft は、この問題は既知の問題のロールバック (KIR) によって修正されたと述べています。これは、Windows Update を通じてプッシュされたバグのある Windows のセキュリティ以外の修正を元に戻すために作成された Windows の機能です。

FIR の問題の修正が開始されると、通常は 1 日以内に、すべての消費者および管理されていないビジネス デバイスに到達します。影響を受けるユーザーは、影響を受ける Windows システムを再起動した後、バグに対処することもできます。

この脆弱性に苦しんでいる人は、ロック画面が再び表示されるのを待つだけで、しばらくすると自分で修正できるようになります.その後、予想どおり簡単にログインできます。

エンタープライズで利用可能なグループ ポリシー

影響を受けるエンタープライズ管理デバイスでこの既知の脆弱性を解決するには、KIR グループ ポリシーをインストールして構成する必要があります。

「特別なグループ ポリシーは、コンピューターの構成 -> 管理用テンプレート -> KB5016691 220722_051525 既知の問題のロールバック -> Windows 11 (オリジナル リリース) にあります」と Microsoft は付け加えました。

グループ ポリシー エディターを介してドメイン コントローラーのローカル コンピューター ポリシーまたはドメイン ポリシーに移動し、優先する Windows バージョンを選択する必要があります。これは、グループ ポリシーを介して既知の問題のロールバックをインストールするために不可欠です。

Microsoft のサポート Web サイトで、KIR グループ ポリシーを展開および構成する方法に関する詳細情報を入手できます。