マイクロソフトが調査したAccessアプリケーションを壊す7月の更新

多くのユーザーが、今月のMicrosoft Patch Tuesday Office / Accessセキュリティ更新プログラムをインストールした後、MSAccessランタイムアプリケーションを開くことができなかったと報告しました。レポートは現在、会社によって調査されています。

Microsoftの公式コミュニティWebサイトとRedditのユーザーからの苦情によると、MSAccess2016とMSAccess2013でこの問題を引き起こした7月の累積的な更新はそれぞれKB5002112とKB5002121です。

Microsoftのソフトウェア設計エンジニアであるShaneGroffは、Microsoft Answersのスレッドで、「Access製品チームがこの問題を調査しています。レポートをありがとうございます。まもなく更新されます」と述べています。

2つのバグのあるMicrosoftOfficeのセキュリティ更新プログラムも、サポートドキュメントで既知の問題として会社に認識されました。

「この更新プログラムをインストールした後、Microsoft AccessでACCDEまたはMDEファイルを開くと、「要求されたタイプライブラリまたはウィザードはVBAプロジェクトではありません」というエラーメッセージが表示される場合があります」とアドバイザリは述べています。

「さらに、ファイルは開きません。Microsoftはこの問題を調査しており、修正が利用可能になったときにこの記事を更新します。」

このバグは、影響を受ける人々によって報告された、Office365のMSAccessを含むMSAccessコンパイル済みデータベース(MDE、ACCDEなど)を危険にさらすことが判明しています。

この既知の問題に対処するためにバグのある更新を削除する

この既知の問題に対処するための更新プログラムがMicrosoftによってリリースされていない限り、回避策や一時的な修正は提供されませんでした。それでも、影響を受けた顧客によると、問題のある更新を削除することで問題が解決することが確認されていました。

それでも、これらのセキュリティ更新プログラムをアンインストールすると、中程度の厳しさのMicrosoft Officeセキュリティ機能バイパスの欠陥(CVE-2022-33632)に対処するセキュリティ更新プログラムも削除されることに注意してください。

これは、すべてのセキュリティ修正がMicrosoftによって単一の更新にパックされているためです。累積的な更新を削除することにした場合、バグは修正される可能性がありますが、火曜日の6月のパッチ中にパッチが適用されたセキュリティ上の欠陥の修正も削除されます。

結果として、これらの問題のある更新をアンインストールすることは最後の手段であり、非常に必要な場合にのみ実行する必要があります。